ボランティア局

 8月15日付けで、学校祭チャリティーバザーの収益金と皆様からお預かりした募金を日本赤十字社および公益財団法人日本ユニセフ協会に送金しました。
 内訳ですが、日本赤十字社を通じて平成29年7月大雨災害義援金に10,000円、秋田県大雨災害義援金に4,895円、中東人道危機救援金に4,895円、また、ユニセフ募金に4,895円それぞれ送金いたしました。
 適切に送金いたしましたことをご報告するとともに、皆様のご協力に改めまして感謝申し上げます。



編集 | 削除
 

ボランティア局

 第54回別高祭は天気の関係で日程が変更となり、多くの皆様にご迷惑、ご心配をおかけしました。
 さて、23日(日)一般公開時に行われましたボランティア局チャリティーバザーですが、たくさんの方にお越しいただき無事終了することができました。ありがとうございました。
 今年度から、バザー品の回収方法や出品方法を見直し、ご来場いただいた方々に満足いただき、売り上げが向上できるように工夫しました。
 ご協力いただいたおかげで、バザーの収益は19,540円となりました。
 また、受付に置かせていただいた募金箱には、5,145円の寄付がございました。
 皆様からお預かりした、24,685円のお金につきましては、日本赤十字社を通じて九州北部豪雨で被害に遭われた方への義援金、中東人道危機救援金として、また、ユニセフ募金として世界各国の支援事業に役立てられるよう送金いたします。また、本日25日(火)現在、秋田県でも大きな水害が発生しております。こちらの義援金募集が始まりましたら、それにも充てたいと考えておりますので、ご理解願います。
 皆様のご協力にボランティア局員・顧問一同感謝申し上げます。ありがとうございました。


  


編集 | 削除
 

ボランティア局

 予報によると、曇りのはずでしたが、よい天気に恵まれた6月10日(土)。本校ボランティア局9名が、平成29年度別海町ボランティア研修会第23回野付半島雑草除去作業に参加してきました。
 バスで野付半島ネイチャーセンターに到着した生徒は、ボランティアセンターの方や、ネイチャーセンターの方に要領を教えていただき、作業開始です。訪れる人のマナーもよいためか、ゴミはほとんどありませんでした。遊歩道の脇に生えているセイヨウタンポポやヨモギなどの雑草を1時間半ほどかけて抜いていきました。同じタンポポでも在来種である、シコタンタンポポは抜かずに、外来種のセイヨウタンポポだけを抜き取りました。見分けが難しいのですが、花の下のがく片という部分をよく見ると2種の違いがわかります。
 作業中には、ヒバリやカッコウなどの鳥のさえずりが聞こえ、別海町の花であるセンダイハギの黄色い花が咲きほこり、野付半島にも初夏の訪れを感じることができました。
 また、観光客の方からは「こんにちは。ご苦労さまです。」と声をかけていただき、とてもありがたく、うれしい気持ちになりました。
 お昼前に、再びネイチャーセンターに戻り、抜き取った草を回収してもらい、本日の作業は終了です。
 野付半島を訪れる観光客の方や野付半島の自然保全に少しでも貢献できれば、うれしく思います。


  

  

  

  


 

ボランティア局

平成29年度の活動がスタートしました。29年度は1年生4名(男子1名、女子3名)、2年生7名(男子1名、女子6名)、3年生11名(男子1名、女子10名)、顧問2名で活動することになりました。下は、29年度の局員集合写真です。撮影時、まだ入局していない局員もいるので、今後アップしていきます。

 

ボランティア局

4月11日(火)新入生歓迎会が行われました。ボランティア局も局の説明を新入生に向けて行いました。たくさんの入局(新入生でなくても)を待っています。