最新情報

トピックス
12345
2017/07/22new

第54回別高祭『翔大夢』1日目の日程変更について

| by 別海高校017
 本日、天候不良のため日程を変更いたします。
 予定されていた仮装パレード・パフォーマンスは、明日23日(日)に実施します。
 有志バンドの一般公開につきましては、17:00より行う予定ですので、農業特別専攻科ゼミ室までお越し下さい。
  
 なお、明日23日(日)の予定につきましては、今後の天候状況によっては更に変更となる可能性があります。本日19:00あるいは明朝5:30を目途にHPにアップする予定です。
H29学校祭 1日目雨天時予定表.pdf
05:30
2017/07/20new

看板をリニューアルしました

| by 別海高校039
 校舎正面にある、部活動大会結果報告の看板をリニューアルしました。

 
 
 ラグビー部の小崎大清さん、空手道部男子団体形メンバーの金本朔弥さん、藤野恭平さん、金本龍弥さん、陸上競技部の志賀満貴さん、角谷正人さん、神谷燎さん、砂越瑠李さんで記念撮影をしました。自分の名前や結果を見て、とても喜んでいました。
 今回は運動部大会結果報告(下段)のみでしたが、農業クラブなど(上段)についても結果が出ましたらリニューアルします。
10:35 | 今日の出来事
2017/07/16new

第54回別高祭を開催いたします

| by 別海高校017
 7月22日(土)、7月23日(日)の2日間で、第54回別高祭 を開催いたします。
 今年度は 「翔大夢(ショータイム)」 というテーマで、現在、生徒達が一丸となって準備に励んでいます。
 22日(土)は仮装パレードと、別海町交流館ぷらと前多目的広場にて各クラスのパフォーマンスを行います。23日(日)は一般公開となっており、展示(1・2年生の各クラス、美術部、農業クラブ、農業特別専攻科)や模擬店(3年生)のほか、様々な催しを企画しております。
 ぜひ、足をお運びいただいて楽しんでいただくとともに、生徒達の頑張りもご覧いただけると嬉しく思います。
 皆さまのご来校を心よりお待ちしております。
平成29年度別高祭ポスター.pdf 平成29年度別高祭パンフレット.pdf
13:32
2017/07/13new

教養・自然科学でも植物細胞の観察を行いました

| by 別海高校025
 植物細胞の観察シリーズも最終回で、3年生の教養・自然科学でも7月10日(月)にオオカナダモとタマネギの細胞の観察を行いました。
 さすがは3年生。プレパラートも手際よく、きちんと作成できました。3年生だけ、タマネギの染色を酢酸オルセインとメチレンブルーの2つの染色液を用いました。核=赤色の概念を取り払うためです。酢酸カーミンや酢酸オルセインは赤く染める色素を用いた結果であって、核そのものの色ではないことを理解してもらうためです。
 メチレンブルーは核と同時に、細胞壁も青色に染まることから、細胞1つ1つを観察しやすくなります。
 3年生は、夏休み明けになると思いますが、溶液濃度の違いによる細胞の形の違い、原形質分離についてもオオカナダモを使って観察してみようと思います。

   

   
21:11 | 今日の出来事
2017/07/13new

1D生物基礎で植物細胞の観察の続きを行いました

| by 別海高校025
 アップが少し遅くなりましたが、7月7日(金)前回に引き続き、植物細胞の観察を行いました。
 前回は、顕微鏡操作方法に時間がかかってしまい、オオカナダモとタマネギの細かいところまで観察できなかったので、改めて行いました。
 プレパラートも前回よりも手際よく、きちんと作れたと思います。観察もオオカナダモの原形質流動が確認できた人、タマネギの鱗葉のように葉緑体のない植物細胞もあることを確かめることができました。

実験の感想をいくつか紹介しましょう。

『タマネギとオオカナダモでは見え方がまったく違うことにびっくりしました。緑色の粒々は動いていなかったのですが、細胞をきちんとみることができてよかったです。』
『中学校のときも似たような実験をやりました。でも、高校の方が顕微鏡の性能がよいので見やすかったです。実験の苦手な私でも、しっかりとやることができました。』
『顕微鏡の使い方が改めてわかりました。タマネギの薄皮を取るのに少し苦戦しましたが、しっかりできました。接眼レンズから見える像は逆に動くことがわかりました。』
『オオカナダモの葉緑体が何個か動いているのが見えた。タマネギの核もはっきり見ることができた。』

    

    
20:52 | 今日の出来事
2017/07/09new

吹奏楽部 サマーコンサートが行われました

| by 別海高校025
 大変暑い一日となった7月9日(日)。本校体育館においてサマーコンサートが行われました。昼間の時間でしたが100名あまりの方にご来場いただき、演奏を楽しんでいただきました。
 別海中央中学校吹奏楽部の皆さんによる行進曲『美中の美』で華やかにコンサートが始まりました。今年度は、上西春別中学校吹奏楽部、標津中学校吹奏楽部の皆さんにもゲストとしてお越しいただき、『北の鳥たち』や『デイ・ドリーム・ビリーバー』などを披露していただき、華を添えてくださいました。
 本校吹奏楽部は『ジャスト・ビー・セブン』、『西遊記~天竺への道』、『「君の名は。」コレクション』をテンポよく演奏しました。
 また、別海中央中学校吹奏楽部と本校吹奏楽部の合同演奏では『イエローマウンテン』や『演歌メドレー』などを感情を込めて吹きました。
 そして、最後に4校合同で日本の唱歌『夏は来ぬ』を演奏と歌声でお届けしました。
 正に『夏は来ぬ』となった一日、吹奏楽部の演奏で気持ちだけでも涼んでいただけたでしょうか? これから本校吹奏楽部は学校祭や吹奏楽コンクールに向けて熱い練習の日々が続きます。
 ご来場いただきました皆様、ご支援いただきました皆様に厚くお礼申し上げます。どうもありがとうございました。

別海中央中学校吹奏楽部の皆さん     上西春別中学校吹奏楽部の皆さん     標津中学校吹奏楽部の皆さん
    

本校吹奏楽部
    

                           別海中央中学校吹奏楽部の皆さんと本校吹奏楽部の合同演奏
    

                                                       最後は4校での演奏と歌声
    
16:45 | 部活動
2017/07/06new

薬物乱用防止教室が行われました

| by 別海高校025
 7月6日(木)、4時間目に薬物乱用防止教室を行いました。町の保健センターのご協力もいただき、今年度は断酒会別海支部の福井和義様と根室支部の田中幸雄様にご来校いただき、薬物使用の入口といえる飲酒の問題についてお話いただきました。
 福井様は、断酒会の取り組みや依存の怖さについてお話しくださいました。後半にはお酒に関するクイズも出題していただき、全校生徒で考えました。
 田中様からは、ご自分の経験に基づいたお話しをしていただきました。高校生の前で、ご自分の過去のことを話していただき、本校生もお酒の怖さを改めて実感することができたと思います。さまざまな依存についてのお話しもあり、お酒の依存から大麻や覚せい剤などの薬物依存に進展する可能性があることを知りました。
 お酒を断つ取り組みを一人で行うことは大変ですが、何人か集まればお互いに励まし合い長く続けることができるそうです。また、町の保健センターでも、アルコール依存について相談にのってくれることを教えてくださいました。
 
 さて、今日の話を聞いて生徒はどんな感想を持ったのでしょうか。いくつか紹介します。

(1年生男子)『人との関係を続けていくためには、一人で抱え込まずに人と協力して改善することの大切さを学んだ。』
(1年生男子)『今回の講演で酒が人体に及ぼす影響の怖さや酒で自分の人生が大きく変わってしまうということがわかりました。…』
(2年生女子)『体験談を語っていた人がすごく感情込めて、未成年の飲酒のことや、アルコール依存症について注意していて、すごく心に響いた。説得力が強かった。』
(3年生男子)『福井さんは、クイズ形式で話をしてくれた。いつもの講演とは少し違う感じでよかった。田中さんは自分の体験を詳しく話してくれた。今日実際体験談を聞いてみて、将来あまり調子にのって酒を飲み過ぎるのはやめようと思った。』

    

    


 本校生も20歳を過ぎたら今日の講演を思い出し、お酒と適度によい付き合いができる大人になってもらいたいものです。
14:53 | 今日の出来事
2017/07/05new

芸術鑑賞が行われました

| by 別海高校005
 去る7月5日に今年度の芸術鑑賞が本校体育館で行われました。昨年度好評だった進路ミュージカルを今年度も実施しました。出演者も音響照明もすべて滋慶学園グループの専門学校の生徒さんによるミュージカルで、全道の高校で実施し好評を得ているものです。今回の演目は「いつか青空の下で」というもので、高校卒業後、まだ職業につかず、人生の方向を見いだせない若い男性が、各方面で努力する高校の同級生の姿に影響され、新しい一歩を踏み出すという感動的な内容のストーリーでした。演じるキャストが生徒と年齢も近いこともあって、深く感動し今後の進路を考える上で参考になったと思います。今回の芸術鑑賞を契機に今後の進路活動を有意義なものにしてくれればと思います。
    

10:11 | 今日の出来事
2017/07/04new

空手道部大会結果報告

| by 別海高校039
6月24日(土)に北海道立総合体育センター(きたえーる)で開催された、
平成29年度北海道体育大会 兼 第72回国民体育大会空手道競技北海道予選に出場しました。

<結 果>
男子個人形    金本朔弥(3年) ベスト8
          金本龍弥(1年) ベスト8
          藤野恭平(2年) 初戦敗退
女子個人形    宮城しずく(3年) 初戦敗退
                    藤野綾乃(1年) 初戦敗退

 3年生にとっては最後の大会でしたが、初戦から全道大会上位者と対戦する厳しい大会になりました。その中でも、金本朔弥(3年)は技のスピード、キレを武器にベスト8と健闘しました。宮城しずく(3年)は勝利とはなりませんでしたが、正確で力強い形を演武し、3年間の練習の成果を十分に発揮できました。また、金本龍弥(1年)は初出場でベスト8と今後がとても楽しみな内容でした。今大会で、できたこと、できなかったことを一人ひとりが考えて次に活かしていきたいと思います。

    
13:41 | 部活動
2017/07/04new

空手道部大会結果報告

| by 別海高校039
6月21日(水)~6月23日(金)に北海道札幌白陵高等学校で開催された、
第42回北海道高等学校空手道選手権大会 兼 第44回全国高等学校空手道選手権大会北海道予選会に出場しました。

<結 果>
男子団体形    準優勝
女子団体形    第6位
男子個人形    金本朔弥(3年) 第6位、 金本龍弥(1年) ベスト16
男子個人組手  金本龍弥(1年) 初戦敗退

 団体形は練習を始めて2ヶ月ですが、男子は技のスピード、キレで他校を圧倒し準優勝、女子は技の正確さをアピールし第6位とすばらしい成績を収めることができました。男子個人形は近年まれに見るハイレベルな戦いでしたが、金本朔弥が第6位、金本龍弥がベスト16と健闘しました。
      

     

     

 日頃の練習の成果を十分に発揮できたすばらしい大会となりました。また、上位の選手の試合を見て、一人ひとりが今後の課題を把握することもできました。秋の大会に向け、それぞれが課題と向き合い練習していきます。
12:00 | 部活動
12345