日誌

食彩フェアが開催されました
一件も該当記事はありません。

最新情報

トピックス
12345
2017/12/07new

第43回根室管内青年農業者会議

| by 別海高校040
12月7日根釧農業試験場にて、第43回根室管内青年農業者会議が行われ4Hクラブ会員、専攻科学生が発表を行いました。内容は、アグリメッセージ部門・日常考えていることや実践していること、酪農への思いを発表し、プロジェクト発表部門・酪農に関するプロジェクトに取り組んだ内容を発表でした。専攻科からは、田中祥太くんがアグリメッセージ部門にて「牛と人のしあわせな関係」と題して、牛と人が互いを尊重しあい幸せな関係を築きながら仕事を行う考えをアニマルウェルフェア(家畜福祉・快適性に配慮した家畜の飼養管理)の視点より発表し、見事1月18日・19日に北海道自治労会館にて行われる全道大会への進出を決めました。おめでとうございます。





11:00 | 農業特別専攻科情報
2017/12/04new

根室管内新規就農者交流会

| by 別海高校040
12月4日(月)に、中標津町ウエディングプラザ寿宴にて、根室管内新規就農者交流会が実施されました。その中で、新規就農者の方からの自己紹介と中標津農業高等学校 加瀬利憲先生より、「フランスにおける新規就農について」という発表がありました。新規就農者の方からは、これからの酪農を発展させるための抱負を伺い、加瀬先生の発表では、「フランスにおけるアグロエコロジー認定(AE)の認知度の急増」「青年就農給付金(DJA)給付の仕組み」などの説明があり、EUやフランスにおける農業政策の現状を知る貴重な機会となりました。その後、昼食を挟み各グループで討論があり、学生からは「自分で牧場を経営する中での、やりがいや課題、地域とのつながりの重要性を知った。」「私達、後継者へのアドバイスを直接聞くことが出来た。」「是非専攻科修了後の自家経営に生かしたい。」という声がありました。







10:45 | 農業特別専攻科情報
2017/12/04new

空手道部大会結果報告

| by 別海高校039
12月3日(日)に湿原の風アリーナ釧路で開催された、
第9回釧根支部高等学校空手道選抜大会 兼 第35回北海道高等学校空手道選抜大会北海道予選会に出場しました。

<結果>
男子個人形    金本龍弥(1年)優勝、藤野恭平(2年)準優勝
女子個人形    藤野綾乃(1年)第4位、飛弾楓(1年)第7位
男子個人組手  軽量級・・・金本龍弥 優勝、中量級・・・藤野恭平 優勝
女子個人組手  軽量級・・・伊藤優美花(2年)第5位、中量級・・・飛弾楓 準優勝
女子団体形    優勝
→全て全道大会出場!!



 

 

 

 男子は形と組手の両方で優勝とすばらしい成績をおさめました。また、高校から空手を始めた生徒も、全道大会の出場権を獲得することができました。全道大会は1月17日、18日、19日に旭川市で開催されます。釧根地区代表として良い試合ができるようしっかりと練習していきます。
08:50 | 部活動
2017/11/27new

修了研究活動発表会

| by 別海高校040

 11月27日(月)に専攻科ゼミ室を会場にして「修了研究活動発表会」が行われました。これは、2年目学生が1年間自家の課題解決のため、研究に取り組んだ成果を発表するものです。

今年度は、「光合成細菌の制菌効果について」「分娩後のCa摂取量向上と周産期病の低減」「初乳が及ぼす影響~栄養価と疾病率」「乳房炎菌の同定による牛舎環境の改善~体細胞数の減少に向けて~」「我が家の労働環境と将来の経営について」と題して5つの発表がありました。それぞれ、育成牛舎内での臭気測定実験の結果の考察、周産期病予防と生産性の向上を目指しての取り組み、F1子牛への適切な初乳給与が成長に与える影響、自家の牛床の調査・分析、近い将来経営移譲された時の労働環境について牛舎新築も視野に入れてのシミュレーションの結果を発表しました。関係機関から足を運んでいただいた8名の先生方より様々な視点から助言やご意見をいただきました。この場をお借りしてお礼申し上げます。










13:00 | 農業特別専攻科情報
2017/11/22new

ウシの消化器を観察しました

| by 別海高校009
1年生の畜産の授業で、牛の胃袋標本を観察しました。

 



 

標本は専攻科からお借りし、各胃袋の特徴をスケッチし、
特徴をまとめました。
色や組織構造の違いなど見比べてみるとよく理解できた
ようです。
18:25 | 酪農経営科温室情報
12345