校長挨拶

 この度は、本校のホームページへアクセスしていただきありがとうございます。
 別海高校は、昭和25年(1950年)4月1日に北海道中標津高等学校西別分校として開校した今年67年目の歴史ある高校です。「日日是新」の校訓のもと、北海道立の高等学校としてはコミュニティースクールの先駆けとして、学校運営委員やPTA、同窓会、別海町、農業関係者等、多くの皆様のご支援を受けながら、様々な教育活動に取り組んでいます。
 本校は、普通科2間口(1年生のみ3間口)、酪農経営科1間口、農業特別専攻科1間口で構成されております。普通科では、多様な進路希望に対応するため、コース制や数学・英語の習熟度別授業などを行っております。別海町からのご支援による大学進学希望者のための大学視察研修や通信講座をはじめ、酪農経営科では、酪農家および企業就業体験の2回のインターンシップ、様々な資格取得に挑戦することができるカリキュラム、カナダ海外研修など、特色ある取り組みが行われています。
農業特別専攻科は、高校を卒業した酪農後継者・新規就農者等が経営や技術を学ぶ学科で、酪農に関する専門科目・教養科目を学び、営農に必要な資格取得をはかっています。
 平成12年度に完成した校舎は、歴代の生徒が大切に使ってきたため今でも新しさと清潔感が漂う美しい校舎です。生徒は、まじめで明るく前向きであります。部活動加入率が82.4%(平成29年度)で、文武両道の気概をもって生徒は学校生活を謳歌しております。別海高校には、充実した高校生活を送るために絶好の環境が整っています。
 この絶好の教育環境のもと、髙い教育力を持った地域・保護者の皆様の期待に応えるべく、教職員一同一丸となって教育活動に取り組む所存であります。
 今後とも、変わらぬご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
北海道別海高等学校長 古川栄一