最新情報

トピックス >> 記事詳細

2017/07/06new

薬物乱用防止教室が行われました

| by 別海高校025
 7月6日(木)、4時間目に薬物乱用防止教室を行いました。町の保健センターのご協力もいただき、今年度は断酒会別海支部の福井和義様と根室支部の田中幸雄様にご来校いただき、薬物使用の入口といえる飲酒の問題についてお話いただきました。
 福井様は、断酒会の取り組みや依存の怖さについてお話しくださいました。後半にはお酒に関するクイズも出題していただき、全校生徒で考えました。
 田中様からは、ご自分の経験に基づいたお話しをしていただきました。高校生の前で、ご自分の過去のことを話していただき、本校生もお酒の怖さを改めて実感することができたと思います。さまざまな依存についてのお話しもあり、お酒の依存から大麻や覚せい剤などの薬物依存に進展する可能性があることを知りました。
 お酒を断つ取り組みを一人で行うことは大変ですが、何人か集まればお互いに励まし合い長く続けることができるそうです。また、町の保健センターでも、アルコール依存について相談にのってくれることを教えてくださいました。
 
 さて、今日の話を聞いて生徒はどんな感想を持ったのでしょうか。いくつか紹介します。

(1年生男子)『人との関係を続けていくためには、一人で抱え込まずに人と協力して改善することの大切さを学んだ。』
(1年生男子)『今回の講演で酒が人体に及ぼす影響の怖さや酒で自分の人生が大きく変わってしまうということがわかりました。…』
(2年生女子)『体験談を語っていた人がすごく感情込めて、未成年の飲酒のことや、アルコール依存症について注意していて、すごく心に響いた。説得力が強かった。』
(3年生男子)『福井さんは、クイズ形式で話をしてくれた。いつもの講演とは少し違う感じでよかった。田中さんは自分の体験を詳しく話してくれた。今日実際体験談を聞いてみて、将来あまり調子にのって酒を飲み過ぎるのはやめようと思った。』

    

    


 本校生も20歳を過ぎたら今日の講演を思い出し、お酒と適度によい付き合いができる大人になってもらいたいものです。
14:53 | 今日の出来事