最新情報

最新情報
2018/04/09

4月の行事予定を掲載しました

| by 別海高校009
平成30年度 4月行事予定 H30-04.pdf
22:55 | 連絡事項
2018/03/01

専攻科 修了証書授与式

| by netcommons管理者
 3月1日(木)に、第45回農業特別専攻科の修了証書授与式が挙行され、男性3名、女性2名に修了証書が授与されました。皆様の、これからのご活躍を心よりお祈り申し上げます。






18:00 | 農業特別専攻科情報
2018/03/01

卒業証書授与式を挙行しました

| by netcommons管理者
 3月1日(木)に第65回卒業証書授与式が挙行され、普通科64名、酪農経営科14名に卒業証書が授与されました。
 卒業生の皆さんの活躍を心よりお祈り申し上げます。


 

 

 

 

 

15:52 | 今日の出来事
2018/03/01

3年生ありがとう

| by netcommons管理者
 卒業する3年生をお祝いしました。
 悪天候のため限られた時間でしたが、1、2年生から感謝の言葉とともに色紙と花束が贈られました。また、3年生からは空手や部活に対する想いが語られました。
 3年生の想いを引き継いで、さらに良い部活にしていけるよう頑張っていきます。





14:13 | 部活動
2018/02/21

女子バレーボール部 新人戦全道大会結果

| by netcommons管理者
第13回北海道高等学校バレーボール新人大会
 2月10日、湿原の風アリーナ釧路にて、新人戦全道大会に出場してきました。対戦相手の札幌山の手高校は昨年度の優勝校であり、今大会も3位となった強豪校です。初めての全道大会でしかも相手は実績のある相手という条件の中でしたが、1セット目は持てる力を発揮することができました。
 その原動力の一つとなったのは、応援の力でした。保護者の方々やOG等たくさんの方が応援に駆けつけて下さったのですが、本校の野球部も太鼓を持参して応援にきてくれました。統制のとれた響き渡る応援の声に力をいただき、選手もそれに応えようとプレーできたと感じます。
 全道大会に出場したことにより、今後の練習の質を一段と高めていく必要性を経験によって実感することができました。


<結 果>
 対 札幌山の手
●0-2(20-25・8-25)
17:29 | 部活動
2018/02/14

1学年 進路別ガイダンス

| by netcommons管理者
 2月8日(木)1学年の総合的な学習の時間で「進路別ガイダンス」を行いました。このガイダンスでは「国公立・私立・短期大学」「医療系の大学・専門学校」「医療系以外の専門学校」「公務員・民間就職」「自営」の5つのコースがあり、生徒が自分の進路に合わせてコースを選択し、講話を聞くことができます。自分が思い描く進路に少しでも近づけるようにと、真剣に話を聞いていました。




17:26
2018/02/13

北方領土の日ポスターコンテストの表彰伝達が行われました。

| by netcommons管理者
 2月13日(月)に第16回「北方領土の日」ポスターコンテストの
表彰伝達式が行われました。
 本コンテストは領土返還運動の一環として行われています。
今回は美術部から一般の部(高校)に応募した
坂本瑞穂さんの作品が最優秀賞、松本胡桃さんの作品が佳作、
久保佑磨産の作品が奨励賞を授賞し、
北方領土対策根室地域本部副本部長 谷内紀夫様から賞状が授与されました。











14:49 | 部活動
2018/02/09

PTA学級代議員会が開催されました。

| by 別海高校009
 2月9日(金)に本年度4回目となる学校運営協議会が開催されました。
 今回は、新年度の学校経営方針が校長から示され、委員の皆様から承認されました。
 
 
 
 
 後半は各部会に分かれ、今年度の活動の振り返りと次年度に向けた課題の整理や、具体的な取り組みなどが話し合われました。
 
 
  

21:34
2018/02/06

心肺蘇生法講習会

| by 別海高校021
 1年生の「保健」の授業で、別海消防署の方を講師に招き、心肺蘇生法を学びました。胸骨圧迫や人口呼吸、AEDなどの仕組みや実施方法を学び、実習もします。命に関わる大切な授業です。全員真剣に取り組みました。





10:13
2018/02/02

「北海道学び推進月間標語」の表彰状が授与されました

| by 別海高校039
 「北海道学び推進月間」では、子どもたちが学習や読書の大切さについて考える機会として標語の募集が行われています。本校では、平成23年度から現代文Bの授業において取り組んでいます。
 今年度は、2年生宮前椋さんの作品
     『 いつまでも  続く未来と  学ぶ道 』
                      が平成29年度根室教育局奨励賞を受賞しました。
 根室教育局から簑島崇局長が来校され、宮前さんに表彰状が授与されました。

  

  

  
08:42
2018/01/30

テーマ別 高校生のメッセージを実施しました

| by 別海高校025
 心身の健康について自ら課題をみつけ、考え、よりよく問題解決できることを目標に本校では「テーマ別 高校生のメッセージ」を実施しています。本日クラスや学年の代表となった10名が全校生徒の前で自らの意見を堂々と発表しました。1年生は「命の大切さ」、2年生は「心身の健康」というテーマで、自分自身の経験談や問題点、それに基づく今後の展望などを述べました。3年生からは、後輩へのメッセージということで、進路実現に向け高校生活をどのように送ればよいのか話してもらいました。    
 また、この日のために別海町在住の作家 河﨑秋子 様にもご来校いただき、発表全体のご講評をいただきました。河﨑 様からは、スマートフォンの使用について発表した内容について触れられ、「別海高校生は非常によく考えて生活していることがわかりました。この時代スマートフォンはさまざまな情報を手に入れることができるツールとして必要不可欠なもの。ただ、その使用方法を間違えず、依存しすぎない生活が大切。」とご助言いただきました。
 生徒の感想ですが、「発表者全員、すごい難しいことを考えたり、しっかりと意思を持っていて、自分と同じ年代なのに、すごく大人にみえました。」「堂々と発表できてすごかったです。人に何かを伝えることはとても大変なのだと思いました。身振り、手振りを交えて話すと人に伝わりやすいことがわかりました。」などと述べていました。
 また、この作文を書くにあたって、「作文を書くことは好きな方なので、最初は余裕だと思っていましたが、テーマが重くかなり難しかったです。とらえ方によっていくつもの考えがあり、その中から絞り込むことに苦労しました。」「書く過程で、改めて自分の生活を見直して、心身について深く考えてみました。心身ともに健康維持することは難しいことですが、自分なりのストレス解消法を見つけて過ごしていこうと思いました。」と記入してくれていました。
 考える、書く、発表する、聞く、これらの経験から、生徒一人一人が心身の健康について見直すよい機会となりました。


  

  
13:32 | 今日の出来事
2018/01/29

酪農経営科 ピザを焼きました

| by 別海高校028
 1月29日(月)、酪農経営科3年生でピザを焼きました。チーズは食品加工の実習で製造したものを使い、2年生が農業機械の授業で作成したピザ釜を用いて焼き上げました。高校生活も残すところ1ヶ月。また一つ楽しい思い出を作りました。

   
20:05
2018/01/29

海外研修報告会・就農激励会が行われました

| by 別海高校028

 1月25日(木)、酪農経営科海外視察研修報告会および就農激励会が開催されました。11月にカナダで実施された海外視察研修では、酪農経営科3年小笠原陽さん、森田岬さんの2名が参加し、先進的な牧場の視察や、カナダでも最大級の家畜共進会である「ロイヤルウインターフェア」の見学を通し、様々なことを学んできました。報告会では12名の来賓の方々を前にして研修の概要や感想などを報告しました。
 引き続き行われた就農激励会では、酪農経営科3年酪農経営者育成コースの3名、農業特別専攻科の2年目学生5名が参加し、地域農業に携わる来賓の方々と会食した後、今後の抱負を述べました。最後は来賓の皆様から激励の言葉を頂き、参加生徒、学生は決意を新たにしていました。

   
11:36
2018/01/26

1学年 消費者被害防止教室を実施しました。

| by 別海高校024
1月24日(水)総合的な学習の時間の授業で「消費者被害防止教室」を実施しました。
今年度は、藤女子大学人間生活学部人間生活学科 教授 飯村 しのぶ 氏より「消費者基本法の理解に向けて」という演題でご講演をいただきました。
近年において、高校生も被害に遭っているネット通販の注意事項や、そのときの対処法などを詳しく学ぶ機会となりました。



15:12
2018/01/26

女子バレー部 新人戦地区大会優勝 全道へ 

| by 別海高校021
女子バレーボール部大会結果報告

北海道高等学バレーボール新人大会根室地区予選会  1月13日(土)根室高校体育館 

<結 果>

1回戦   対 根 室高校 ○2-1(17-25・25-11・25-18)

決勝戦   対 中標津高校 ○2-1(25-12・22-25・25-22) 

総合成績 優勝 全道大会進出

 11年ぶりに優勝を果たし、全道大会の切符を手にしました。
 選手7名全員が、小学校からバレーボールを始めていますが、全道大会出場を勝ち取ったのは初めての選手ばかりです。特に中学校時代は、メンバーが足りなく、他校との合同チームで大会参加していた生徒が大半です。そんな選手達ですから、優勝し、全道大会出場を決めた瞬間は感極まるものがありました。

 試合では、技術面・体力面・メンタル面の全てで、これまでの練習の成果が十二分に発揮されたパフォーマンスを見せてくれました。

 また、保護者の方や、OG、男子バレー部そして別海高校女子バレー部に関わって下さった多くの方々の応援も力となり、今回の結果を得ることができました。本当にありがとうございました。

 2月9日より、釧路にて全道大会があります。1回戦は昨年度の優勝校「札幌山の手高校」との対戦が決まっています。臆することなく、自分たちのバレーでチャレンジしていきます。


10:23
2018/01/22

空手道部大会結果報告

| by 別海高校039
1月17日(水)~19日(金)に旭川市総合体育館で開催された、
第35回北海道高等学校空手道選抜大会 兼 第37回全国高等学校空手道選抜大会北海道予選会に出場しました。

<結果>
男子個人形   金本龍弥(1年)第8位、藤野恭平(2年)予選敗退
女子個人形   飛弾楓(1年)、藤野綾乃(1年)予選敗退
男子個人組手 軽量級・・・金本龍弥 初戦敗退、中量級・・・藤野恭平 初戦敗退
女子個人組手 軽量級・・・伊藤優美花(2年)初戦敗退、中量級・・・飛弾楓 初戦敗退
女子団体形   予選敗退

全道大会予選通過の壁を実感した大会となりましたが、6月の全道大会よりは一人ひとりが成長し、予選通過を争えるところまできました。予選通過が不可能ではないと一人ひとりが実感できたことは今後に向けて良い収穫となりました。また、「○○高校に勝ちたい」など具体的な目標ができ、とても有意義な大会になりました。目標をもって終わりではなく、今後の練習に活かして次の全道大会では予選通過・入賞を目指していきます。

         
09:29 | 部活動
2018/01/19

吹奏楽部 個人・アンサンブルコンクールに参加しました

| by 別海高校025
 1月13日(土)~14日(日)、釧路市民文化会館で行われた第44回釧路地区管楽器個人・アンサンブルコンクールに参加しました。
 高校生の部は14日(日)に行われ、本校からも管楽器個人コンクールに1名、アンサンブルコンクールに2組出場しました。
 管楽器個人コンクールでは、本校の中野花梨さん(1年B組)が「イントロダクションとダンス」をユーフォニウムで演奏し、みごと金賞を受賞しました。
 中野さんは小学5年生からユーフォニウムを始め、コンクールのために11月から練習を重ねてきたそうです。練習では序奏部分の「悲しみ」とダンス部分の「不思議な場所に迷い込んだ雰囲気」を表現するのに非常に苦労したとのことです。
 金賞の発表を聞いたときは「喜び」よりも「安心」の方が大きかったそうです。
 最後に楽器を演奏している小中学生の皆さんへのメッセージです。
  「自分自身が何かに挑戦できる立場にあるなら、それに挑戦することで、結果が思い通りにならなくても改善点などを見つけやすくなります。そのため、いろいろなことに何度も挑戦してください。」 ご覧の皆さんも、別海高校で一緒に楽器を演奏してみませんか? 
 最後になりますが、このコンクール出場に際して、多くの方のご支援、ご協力をいただきました。改めまして感謝申し上げます。ありがとうございました。

                                       
 
 また、アンサンブルコンクールでは、管打七重奏が「ソロモンの指輪」、木管三重奏が「花の香る季節に~3つの木管楽器のために~」を演奏しました。2組とも銀賞に終わりましたが、この悔しさを今後の活動に生かし、また新年度に向けての基礎固めをしっかりとしていきたいと思います。
17:49 | 部活動
2017/12/22

GTECを実施しました

| by netcommons管理者
今年度から本校で導入したGTECを12月22日(金)に実施しました。今回は1年生7名、2年生2名の計9名が受験しました。GTECを通して、現段階の英語の「理解度」や、読む・聴く・書くの3技能がどの程度定着しているかを把握することができます。12月の冬休み前に実施することで、今後の具体的な学習目標を設定することができる一つの機会となりました。




16:02

最新情報

平成29年度その1 >> 記事詳細

2017/07/06

薬物乱用防止教室が行われました

| by 別海高校025
 7月6日(木)、4時間目に薬物乱用防止教室を行いました。町の保健センターのご協力もいただき、今年度は断酒会別海支部の福井和義様と根室支部の田中幸雄様にご来校いただき、薬物使用の入口といえる飲酒の問題についてお話いただきました。
 福井様は、断酒会の取り組みや依存の怖さについてお話しくださいました。後半にはお酒に関するクイズも出題していただき、全校生徒で考えました。
 田中様からは、ご自分の経験に基づいたお話しをしていただきました。高校生の前で、ご自分の過去のことを話していただき、本校生もお酒の怖さを改めて実感することができたと思います。さまざまな依存についてのお話しもあり、お酒の依存から大麻や覚せい剤などの薬物依存に進展する可能性があることを知りました。
 お酒を断つ取り組みを一人で行うことは大変ですが、何人か集まればお互いに励まし合い長く続けることができるそうです。また、町の保健センターでも、アルコール依存について相談にのってくれることを教えてくださいました。
 
 さて、今日の話を聞いて生徒はどんな感想を持ったのでしょうか。いくつか紹介します。

(1年生男子)『人との関係を続けていくためには、一人で抱え込まずに人と協力して改善することの大切さを学んだ。』
(1年生男子)『今回の講演で酒が人体に及ぼす影響の怖さや酒で自分の人生が大きく変わってしまうということがわかりました。…』
(2年生女子)『体験談を語っていた人がすごく感情込めて、未成年の飲酒のことや、アルコール依存症について注意していて、すごく心に響いた。説得力が強かった。』
(3年生男子)『福井さんは、クイズ形式で話をしてくれた。いつもの講演とは少し違う感じでよかった。田中さんは自分の体験を詳しく話してくれた。今日実際体験談を聞いてみて、将来あまり調子にのって酒を飲み過ぎるのはやめようと思った。』

    

    


 本校生も20歳を過ぎたら今日の講演を思い出し、お酒と適度によい付き合いができる大人になってもらいたいものです。
14:53 | 今日の出来事